「遊びも学びも楽しい」って思えるが鍵!小学校の前に身につけておきたいコト

勉強好きの共通点

3才から脳の発達が活発になっていくと言われていますが、小学生になる前に学習をさせるのはとてもいいことです。
時代の変化に伴い、未就学児も勉強できるようになりましたが、実際は勉強を嫌がってしまうお子さんも多いはず。

そこまで無理に勉強させることは決してありませんが、脳が発達してきたこの記事に何かしらの学習をさせることで、小学生になってからの理解力や集中力に変化が現れて成績等も変わってきます。
今後のことを考えるとやはり学習が必要と感じると思いますが、こどもたち全員に必要かというとそうではありません。

まずこどもたちが最初に社会に触れる場なのが保育園や幼稚園。
これらにはそれぞれ違いがあり、施設によって学習が織り込まれているのです。
保育園は保育士さんがいる「児童福祉施設」で、こどもを保育するのが趣旨ですが、幼稚園は教員免許を持った職員がいる「教育施設」なので保育しながら心身の発達を助ける場所になります。

よって、お子さんの今の環境と個性を見て「協調性」「探究心」「チャレンジ精神」が養われるかどうか考えて、お子さんの世界観を広げる環境を作ることができる学習の場を作ってあげる考え方で決めるのが良いでしょう。
学習の場は外だけでなく、家でもできることはたくさんあります。

では、お子さんにはどんな学習方法がいいのか、どんなことを意識したらいいか、強制ではなく個性を伸ばせるような学習方法は何かをじっくり見ていきましょう!

就学前に学ぶと何にいいの?

今教育の進歩は非常に早く、お子さんの今後を考えるとどこか心配になりませんか? いくらお金をかけて習い事をしてもお子さんには好みもあります。 なかなかスムーズには進みませんよね。 そこで楽しく学んでもらうためには、お子さんに「考え方」を教えてあげることで勉強が好きになるかもしれません! そのポイントはこちら!

どんな勉強法がいいの?

環境はさまざま。 学力を鍛える通信教育、外に出て同世代のいろんなこどもたちと一緒に学習する塾のような場所や実際に体を使って学ぶ芸術の教室・スクールなどさまざまな場所があります。 何より楽しくやることが大切なので、どんな方法で続けられる学習法を検討するところから始めましょう!

今時期の学びで大切にすることは「結果」じゃなく「過程」

こどもは親から受ける刺激にもっとも影響を受けます。 褒めてもらうとやる気が増してもっと頑張ろうとしますが、結果ばかり見ると失敗を恐れてチャレンジ精神をなくしてしまいます。 この時期最も大切なのは、自信を持たせること。 続けて来たという過程で忍耐力をつけることもできますし、物事に順応できるようにもなります。

トップへもどる